新方川の源流探しその1

新方川は越谷市内を流れる一級河川です。

下流の終端は中川に合流しているの分かりやすいのですが、上流はいったどこから始まっているのかよく知りません。

散歩がてら探しに行ってみることにしました。

せんげん台駅付近

せんげん台駅付近ではだいぶ川幅が細くなっています。

そこから獨協中・高校の脇を通って更に上流に向かうと、越谷市恩間新田、春日部市増田新田、さいたま市岩槻区大戸の3市が交わるあたりで二股に分かれてしまいました。

分岐点

そしてその中央当たり、半分ほど埋まってしまっているようですが、新方川の石碑らしいものが見つかりました。

新・・・だけが見える、新方川の石碑

では、この分岐している二本はどこに繋がっているんでしょうか?どちらかが源流に繋がっているんでしょうか?

まずは右側に行ってみることにしました。右側に折れるともう春日部市です。

しかし、しばらく道沿いに歩くと、工事看板に別の川の名前が・・・

準用河川中之堀川の文字が・・・

右側は新方川ではなく中之堀川のようです。春日部市内を流れるあの川は新方川と繋がっているんですね。

立体交差を通り越して、

用水路との立体交差

かすかべ湯元温泉の横を通ったら、

かすかべ湯元温泉

最終的にはさだまつ眼科の横あたりで、地下水路になり消えてしまいました。

きっとここが中之堀川の起点なんでしょう。

起点??

次回は分岐の左側に行ってみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。