トップページ > 日記 > UbicNameからお名前.comへ移管(契約変更)したドメインの更新料が高いのでムームードメインに再移管する2(解決編)

UbicNameからお名前.comへ移管(契約変更)したドメインの更新料が高いのでムームードメインに再移管する2(解決編)

blogpi-yacom

先日お名前.comからムームードメインにドメイン移管しようとして失敗してしまった(こちらの記事)ので、リベンジです。

まずは、お名前.comのサポートセンターにメールで問い合わせをしてみました。

要点は以下の2点、

  1. DTIのUbicNameを解約しお名前.comにドメインの移管作業を行った際、通常の他社移管と異なり移管費用が発生せず有効期限の更新もなかった。更に更新費用が正規料金である3990円になっている。これは移管ではなくただの契約変更扱いなのか?
  2. 更新費用が高すぎるので他社に再度移管したい。特にロックはかかっていないと思っていたが実際に移管申請を行うとレジストラロックがかかっていると言われ却下されてしまった。原因は何か?

朝にメールしたら昼過ぎには回答の返信が来ました。思ったより早いです。

1.についてはやはり思っていた通り、UbicNameはお名前.comをレジストラとしたサービスなので、移管と言ってはいるものの実際には内部的にドメインの開放を行なっているだけでした。

その為、他社移管扱いにはならないので更新料は通常価格の3990円になってしまうそうです。

 

2.については、UbicNameを解約しお名前.comへの移管を行った際(こちらの記事)に、個人情報の問題からすぐさまWhois情報公開代行を設定してしまいましたが、Whois情報公開代行をONにしてしまうと自動的にレジストラロックがかかり移管不可となるようです。

ドメイン移管の注意事項では不承認とさせていただく場合がございます的な書き方だったので状況によるのかと思っていましたが、バッサリと拒否されました。

 

 


さて、原因が分かったので再度移管を行うことにします。

まず、お名前.comでドメインNaviにログインし、ドメイン設定から「Whois情報公開代行」を選択し、Whois情報公開代行を解除します。

完了通知が届いたらあとは前回の繰り返しですが、ユーザー登録は前回済ましてしまっているため、作業は多少楽です。

前回同様移管ドメインとAuthCodeを入力し、移管申請を行います。

前回はこの後、移管申請の確認メールで拒否されましたが、今回は無事に受け付けてくれました。

【 ※※※ ※※※ 】様

この度は、ムームードメインをご利用いただき、
誠にありがとうございます。

本日、[レジストラ移管申請]より手続きのお申し込みを受け付けました。
以下にて、申請内容のご案内を行わせていただきますのでご確認をお願い
いたします。

< 移管申請内容 >
==================================================================
【 移管ドメイン 】

■申請処理受付件数:1件

pi-ya.com

こんな感じです。

そして30分くらい待つと、ムームードメイン側から移管承認手続きを促すメールが届きます。これはリンク先のガイドに従って承認ボタンを押すだけの作業です。

更にその1時間半後、今度はお名前.com側から移管承認手続きを促すメールが届きます。内容は同じです。移管元側と移管先側で承認を行うんですね。

それから2時間ほど経って、お名前.com側から移管申請承認の連絡メールが届きます。このメールが来たら移管元側の処理は全て完了しています。

そしてその1時間後、最後にムームードメイン側からドメイン移管完了と移管費用の入金請求の連絡メールが届きます。後は代金を払えば全て完了です。

 

結局、移管手続きの時には5日かかるとか1週間かかるとか2週間かかるとか記載されていましたが、実際には5時間で全ての処理が完了しました。

思った以上にドメイン移管って簡単なんですね。

 

 


以上で、3990円のドメイン更新費用がかかるところを950円に抑える事ができました。

これ以降、60日間のトランスファーロック期間に入ってしまいますので、お名前.comに戻すのはそれ以降になります。

それまではムームードメインをいじり倒してみようと思います。

シェアする
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on TumblrEmail this to someone

ひとこと