トップページ > 日記 > Bitcasaの容量無制限プランが廃止になるのでプレミアムプランに変更してみたものの、そこには様々な問題が・・・

Bitcasaの容量無制限プランが廃止になるのでプレミアムプランに変更してみたものの、そこには様々な問題が・・・

bitcasa_dame

2014/10/23、突如発表されたBitcasaの容量無制限プラン廃止によって、旧容量無制限プラン($99/年)ユーザーである僕は2014/11/15までに下位プランであるプレミアムプランに変更するか、アカウントを解約するかを選ばなければいけなくなってしまいました。

Bitcasaをブラウザで開くと、こんな画面が出てきてしまいます。

My Bitcasa

Bitcasaの無制限プランの有料ユーザーですが、現在わりと酷い目に遭っています。

でも書いている通り、プラン変更にあたってはわからないことも多いですが、

Bitcasaそのものはかなり気に入っていたのと、使用量も1TB未満であるため、勢いでプラン変更してしまいました。

ガイドに従っていく途中妙なエラーが出つつも、何度かトライしていると・・・

https   my.bitcasa.com migrate reauth

データ移行の画面になりました。

https   my.bitcasa.com migrate files

使用量が1TB未満のため、すべてのファイルが新プランに転送できるようです。

上記のボタンを押すと、裏で旧プランから新プランへのデータコピーが始まります。

ここまでくると、My Bitcasaへ入ることができるようになりました。

 

プラン変更と同時に新システムに切り替わるので、Web版のMy Bitcasaのアドレスもhttps://my.bitcasa.com/ から、https://drive.bitcasa.com/ へ変わっています。

そのため、デスクトップアプリも新しく公開されたバージョンに更新しなければ新システムには接続出来ません。

新しいデスクトップアプリのバージョンは1.1.7.28(Windows版の場合)です。

bitcasa_info_new

これで、容量は無制限から1TBになってしまいましたが、使い慣れたBitcasaを使い続けることができるようになりました。

めでたしめでたし。

 

 

 

とはいかないんです。

 

この時点で少なくとも僕の環境では幾つか問題が発生しています。

まず、アプリの問題。

新バージョンのWindowsアプリのインストール時に以下のような画面が表示され、いかにもいままでと同じように使える風に思えますが、

bitcasa_mobile

  • Android用のBitcasaアプリは削除され、Bitcasa Driveとして新しいアプリが公開されているので再インストールが必要。
  • iOS用のBitcasaアプリは削除され、おそらくBitcasa Driveと名付けられるであろう新アプリは『まだ公開されていない』(2014/11/04現在)
  • Bitcasaの容量無制限以外にもう一つの大きな特徴であった、リンク先のファイルをローカルを介さず直接Bitcasaドライブに保存できるChromeアプリについても、削除され、新バージョンは公開されていない

Androidユーザーはなんとかなるかもしれませんが、iOSユーザーは今まで使えていたスマホ画像の自動アップロード等は、新システムに対しては現時点では行えません。

そして個人的にはChromeアプリが消えてしまったのがかなりショックです・・・便利だったのに・・・

 

そして、Windowsアプリの新バージョンにも問題があります。

旧バージョンではいくらBitcasaドライブのフォルダ階層が深くても、ファイル数が多くても、起動(&ログオン)すればすぐにBitcasaドライブはアクティブになっていましたが、新バージョンではある程度の量があると、起動するとしばらくロード中の表示になります。

Bitcasa_loading

ロード中の状態では、(おそらく同期が完了していない)クラウドマークの付いていないフォルダを開くと、中身はカラであるかのような表示になってしまいます。

また、ロードが終わるのを待っているとこんなエラーが出ることも・・・

Bitcasa_Error

正直、かなりフォルダ階層を浅くしていないと起動直後は使い物にならず、ストレスが溜まります。

新システムになって同期方法に変更があったのでしょうか。バージョンアップで改善されるといいんですけど・・・

 

そしてWeb側でも問題は発生しています。

まず、一番酷いのが

  • データ移行を行った際、新システム側のフォルダ/ファイルのタイムスタンプが全て新規(データ移行日時)として振られてしまう。

これです。

もう、どれがいつ作られたファイルなのか、訳がわかりません。

タイムスタンプで新旧比較を行っているようなバックアップアプリも使えません。

 

 

そうなってくると、仕方ないから一旦旧システムのファイルをダウンロードして上げ直そうか・・・となるわけですが、

これが結構、ダウンロード失敗します。

コピー支援系のアプリを使ってみて傾向がある程度見えてきましたが、まずBitcasaサービス開始直後にアップロードしたファイル、これは本当に壊れている場合も多いです。

日本でのサービス開始直後にも話題になりましたが、Bitcasaは一旦暗号化したファイルをキャッシュに貯め、そこからクラウドにアップロードを行っており、初期の頃はそのアップロードの管理があまり厳密ではなかったために大量のファイルを一度にアップロードした際にはファイルが壊れやすかったようです。incompleteをちゃんとチェックせずアップロードしまくっていた去年の8月頃のファイルは結構壊れていました。

あとは、何故か動画系のファイルがよく失敗しています。Webで見ると壊れていないようなので、原因は別のようです。

 

Bitcasaに限らずですが、特にクラウドを交えたデータ保管については分散多重配置が基本です。僕の場合も本当にBitcasaにしか存在しないファイルと言うのはスマホアプリから自動アップロードしているファイルのうちの一部と、ゴミ箱代わりに放り込んだ過去のサーババックアップ程度です。最悪よそからかき集めればいいのですが、それでも壊れている、ダウンロード出来ない、と言うのはとても気持ち悪いものです。

 

まだ、新プランへ切り替えて間もないため試行錯誤していますが、容量無制限プランのアカウント期限の11/15までに出来る限り検証して移行を完了したいと思っています。

・・・ただ、現状新システムがかなり使いにくくなっているので、早くバージョンアップや新規リリースで改善してくれないと挫けそうな気もしています。

シェアする
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on TumblrEmail this to someone

ひとこと