トップページ > 日記 > ドスパラタブレットのファームウェアアップデート後に起こっていること。

ドスパラタブレットのファームウェアアップデート後に起こっていること。

ドスパラタブレット

ドスパラタブレットのファームウェアを最新版(20130325)にアップデートし、確かにタッチパネル周りは快適になりました。

また、アップデート前はスリープから復帰するとベンチマークのスコアが極端に落ちる(CPUが片方眠ったまま?)場合がありましたが、アップデート後はそのような現象も起こっていません。

その代わり、新たに挙動がおかしい・・・と感じていることもいくつかあります。

とりあえず挙げてみると、

  • スリープ復帰後にバッテリーがガッツリ減っていることがある・・・バックグラウンドアプリのせい?
  • スリープ復帰後にWi-Fiの再接続をしてくれないことがある・・・手動でWi-FiのON/OFFすれば繋がる
  • 設定の画面でフリーズすることがある・・・特にアプリ一覧で多いが物理ホームボタンで戻れる
  • ステータスバーが反応しなくなることがある・・・今のところ再起動以外で復活できず

などです。

自分の環境だけなのか、全体的なのか、良く分かりません。

それでも、タッチパネル操作が改善した効果は大きく、それなりに使えているので毎日持ち歩いているのでした。

シェアする
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on TumblrEmail this to someone

ひとこと