トップページ > 日記 > 帰省 ~8時間の旅路~

帰省 ~8時間の旅路~

GWだぞっ!と言うわけで、帰省することになった。

なんだかんだで、余震やらなんやら怖いのである。

今回は奥さんと息子は一週間ほど前に移動済みなので、まさかの一人旅。

それなら、わざわざ割り引きも効かない飛行機に乗るよりも、気ままな電車旅でしょう!

と言うことで、千葉県から島根県まで電車で移動することにした。

わりとギリギリになっての思いつきだったので、当然のぞみの指定席は取れず。

仕方なく、東京駅から岡山駅まではひかりで、岡山駅から島根県松江市にある宍道駅までは特急やくもで移動することになった。

 

 

 

5:00 ・・・起床

前日までに一応準備は終わっていたので、ひたすらコンセントを抜く!抜く!あらゆる元栓を閉め、出発。

5:40 ・・・自宅から出発

南流山駅へ徒歩で向かう。荷物が重い。

6:01 ・・・つくばエクスプレス南流山駅を出発

祝日の早朝なので余裕で座れる。

6:24 ・・・秋葉原駅に到着、山手線に乗り換え。

ここまで来ると、帰省の雰囲気をプンプン漂わせた人たちが増えてきた。

6:35 ・・・東京駅に到着

新幹線ホームへ移動。朝食はもちろん駅弁。

駅弁屋さんは東北応援フェア開催中の為、東北地方の駅弁がずらりと並んでる。

たくさん美味しそうなのはあったけど、色々食べたいので、東北味づくし弁当ってのを買ってみた。

あとはお土産を数点買って、新幹線に乗り込む。

7:03 ・・・ひかり東京発岡山行き、出発

IMG_1889

 

まずは桃太郎ランドのある岡山まで。

弁当をモグりながら車窓を楽しむ。静岡の茶畑風景は本当に美しい。

静岡駅と浜松駅でのぞみの通過待ち。新大阪まではわりとすんなり着いた。

なんだ、ひかりって言っても別にめちゃくちゃ時間かかるわけじゃ無いじゃん。

しかし甘かった。新大阪から岡山までは完全に各駅停車。

新神戸、西明石、姫路、相生と全て止まる上に、全ての駅でのぞみの通過待ち。

新大阪から先はひかりは使っちゃいけない事を学んだ。

11:27 ・・・岡山駅到着

IMG_1892

 

吉田君ポスターが出迎えてくれる。

鷹の爪団はこの辺りまでは既に侵略済みらしい。

お昼ご飯も、もちろん駅弁を買う。地鶏弁当、鶏肉好きにはたまらないネーミング。

その他に、岡山土産も数点買って、乗換ホームを目指す。

12:05 ・・・特急やくも岡山発出雲市行き、出発。

 IMG_1895

お昼時なので出発と同時に周りの乗客もみんな駅弁モグってる。もちろん俺も。鶏肉美味い。

iPhoneも電池切れかけだし、ネットブックでもいじるか。新幹線では使わずにバッテリー残しといたもんな。

しかし、そんなゆるい考えは数分後に崩れ去る。

揺れる。とにかく揺れるのだ。新幹線とは比べものにならないほど。

この電車は、特急と名前は付いているが別に特別急いでるわけじゃあない。

ただ、駅に止まらないだけ・・・である。

いや、厳密に言えばそうでも無い。止まる。確かに止まる。だが、ドアは開かない。

何故か。

まず、これは中国山地、山越え列車だ。片側は山、片側は崖。もしくは、両側が山。

そんな場所に無理矢理のように敷かれたレールの上を、延々と進んでいく。

スピードなど期待できるはずは無い。そして一度山に入ると直線などほとんど無い為、

常に右に左に、カーブを描きながら進んでいく。

ひどい場所では自動ドアが横Gに耐えきれず、勝手に開いたりする。

そんな中でパソコンなど出来ない。高確率で酔う。

次に、この電車が走るのは伯備線。単線区間だ。

対抗列車とすれ違う為には、どこか列車交換が可能な2線駅で待たなければいけない。

それは特急とは言え例外では無い。

例えば備中川面。ここは停車駅では無いが、通過待ちの為停止する。ドアは開かない。

IMG_1898

そして一番の問題は、頻繁に携帯が圏外になる。俺のはiPhone、SoftBankだからなおさら酷い。

頻繁に圏内圏外を繰り返してたらもの凄い勢いでバッテリーが減っていき、鳥取県に突入する前にあえなくバッテリー切れになった。

そこから先は、仕方ないからIS01のデータ通信をON、連絡はこちらで取るしか無かった。

とにかく忍耐力が試される電車、それが特急やくもだった。

14:55 ・・・宍道駅到着

奥さんと息子が迎えにきてくれていた。

息子とは10日ぶりの再開。どうやら忘れていたようだ。しばらく固まってた。

 

そんなわけで、特急やくもでの列車旅は数年に1度で十分。

頻繁にやると、ケツが崩壊する。

くれぐれも気を付けた方が良い。

シェアする
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on TumblrEmail this to someone

ひとこと