ThinkBook 13s (第8世代インテル)でもWindows11が動くみたいです。

Windows11が正式発表されました。

僕はWindows3.1の時代からWindowsを利用しており、ビルゲイツ信奉者です。

そんな僕が今メインで使っているPCはLenovoのThinkbook 13s(第8世代Core i5)です。

ビルゲイツ信奉者なのにsurfaceじゃないのはご愛敬ですが、これはこれで質実剛健、変な癖が(あまり)なく普段使いには使いやすいPCです。

既に販売終了品の自分のPCでもWindows11は問題なく動くのか?早速確認してみました。

なお、必要なスペックですが、

Windows11 ハードウエア要件/仕様の最小要件

  • プロセッサ:1 ギガヘルツ (GHz) 以上で 2 コア以上の64 ビット互換プロセッサまたは System on a Chip (SoC)
  • RAM:4 ギガバイト (GB)
  • ストレージ:64 GB 以上の記憶装置
  • システム ファームウェア:UEFI、セキュア ブート対応
  • TPM:トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) バージョン 2.0
  • グラフィックス カード:DirectX 12 以上 (WDDM 2.0 ドライバー) に対応
  • ディスプレイ:対角サイズ 9 インチ以上で 8 ビット カラーの高解像度 (720p) ディスプレイ

となっています。スペックの上では満たしていそうですね。

TPM2.0については引っかかっている人も多いみたいですが、Thinkbookの場合それによるデータ暗号化を商品の売りにしていたくらいなので大丈夫でしょう。

まずは早速開設されたLenovoの特設ページ

残念ながらECサイト連動なので、現在購入できるPCしか確認できないようです。

次にMicrosoftの公式ページからチェックツールをダウンロードして確認してみました。

Thinkbook 13s (第8世代インテル)でのWindows11対応チェックツール画面

いいお知らせです!ということで問題なくWindows11が動きそうです。

インストールできるようになる日が楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。