PayPal

PayPalの入出金を一枚のキャッシュカードにまとめた話

money

PayPalは海外のサービスや通販を利用するのに今や知らないでは済まされない決済方法なのですが、日本の法律に無理やり対応している部分もあり、ちょっと不便な事もあります。

個人でもプレミアアカウントになると、支払いだけでなく請求(入金)を行う事ができます。

これはPayPal Hereを個人で利用するためにも必須のアカウントなのですが、この入金処理を行う場合、銀行口座の登録が必要になります。

となると、支払いは基本的にクレジットカードなので、入出金を行うためにはキャッシュカードと合わせて手元に2枚のカードが必要になってしまいます。

 

このカードを一枚にまとめる方法は無いものか、と調べたところ、2通りの方法がある事が分かりました。

もっと!

シェアする
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

個人でPayPal Hereを契約したら必ず確認しておくべきこと(自分の個人情報的な意味で)。

PayPal Here 、面白いですよね。

テストモードでカード読んで遊んでるだけでも面白いです。

 

さて、PayPal Here を導入している人はPayPalアプリ、PayPal Hereアプリは当然iPhoneにインストールしていると思いますが、導入してまず、確認しておいた方がいいことがあります。

もっと!

シェアする
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

PayPal Here が日本でもひっそりと始まったので契約とカードリーダーの購入をしてきた。

paypalhere

2012年5月に発表されて以来、なんの音沙汰も無かったPayPal Hereがついに始まりましたね。

ずっとまだかまだかとPayPal Hereのサイトを時々覗きながら待っていたんですが、先日見たらステータスが「近日開始予定」から「ソフトバンクショップへどうぞ」に変わっていたので、早速契約しに行って来ました。

 

導入の流れを見てわかること、わからないことは、

  1. 導入にはビジネス向けアカウントが必要(プレミアでもいい?ビジネスアカウントの個人取得ができる?)
  2. 既にビジネス向けアカウントを持っている人はアカウントの新規登録は不要
  3. 契約時には本人確認手続きが必要(既存ユーザーでも?)
  4. 既にアカウントを持っていても、カードリーダーをソフトバンクショップでしか売ってないのでお店に行かなければいけない
  5. カードリーダーはオープン価格(高かったらどうしよう・・・)

くらいでしょうか。これは実際行ってみなきゃわかりませんね。

 

もっと!

シェアする
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

PayPalのアカウント種類と個人での新規登録方法。

PayPalって便利ですよね。

買うときも、売るときも、決済がスムーズに行われる非常に良いサービスだと思います。

PayPalの大まかな仕組みはこんな感じなんですが、ザックリ言えば決済代行ですよね。

今までは、買い物するには相手にクレジットカード番号を知らせなきゃいけない、でもちょっと怖い。ってのが特に海外通販や小さいお店を利用するときの一番の障壁でしたが、PayPalを利用すると相手には一切クレジットカードの情報は伝わりません。買う側も売る側も、必ずPayPalを経由するので知る必要が無いのです。

このPayPal、日本でも使えるお店が結構増えて来ました。大きな所では、Francfranc東急ハンズグルーポン、それにGREEなんかでも使えますね。

ただ、このPayPalと言うサービス、元々が海外のサービスなので、とにかく用語や登録手順が分かりにくいのです。

現在自分は個人用ビジネスアカウント(これがまた分かりにくい)であるプレミアムユーザーですが、ここまで自分の辿った道順を記録しておきたいと思います。

もっと!

シェアする
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone