ファームウェアアップデート

ドスパラタブレットのファームウェアアップデート後に起こっていること。

ドスパラタブレット

ドスパラタブレットのファームウェアを最新版(20130325)にアップデートし、確かにタッチパネル周りは快適になりました。

また、アップデート前はスリープから復帰するとベンチマークのスコアが極端に落ちる(CPUが片方眠ったまま?)場合がありましたが、アップデート後はそのような現象も起こっていません。

その代わり、新たに挙動がおかしい・・・と感じていることもいくつかあります。

とりあえず挙げてみると、

  • スリープ復帰後にバッテリーがガッツリ減っていることがある・・・バックグラウンドアプリのせい?
  • スリープ復帰後にWi-Fiの再接続をしてくれないことがある・・・手動でWi-FiのON/OFFすれば繋がる
  • 設定の画面でフリーズすることがある・・・特にアプリ一覧で多いが物理ホームボタンで戻れる
  • ステータスバーが反応しなくなることがある・・・今のところ再起動以外で復活できず

などです。

自分の環境だけなのか、全体的なのか、良く分かりません。

それでも、タッチパネル操作が改善した効果は大きく、それなりに使えているので毎日持ち歩いているのでした。

シェアする
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone

ドスパラタブレットのファームウェアが更新されていたのでアップデート&Google Playストアを再導入してみた。

ドスパラタブレット

ドスパラタブレットを購入して2週間、色々いじったり電子書籍読んだりして使用していますが、なかなか面白いです。

ただ、やはりタッチパネルはiPhone4Sはもちろん、同じAndroid機であるL-01Dと比較してもかなり扱いづらく、購入時にオプション品で付属していた液晶保護フィルムも少しでも反応を引き上げるため一旦貼ったものの引き剥がしてしまいました・・・

 

そんなドスパラタブレットですが、3/29に最新ファームウェアが公開されたので、この週末を利用してアップデートしてみました。

今回のファームウェアのおもな更新内容は

  • タッチパネルのタッチ感度を向上させました。
  • デフォルトの日本語キーボードアプリをSimejiに変更しました。

だそうです。ドンピシャな更新ですね。楽しみです。

 

更に、Google Playストアについても前回はお手本のサイトの手順をそのまま行いましたが、色々と思うところもあったので今回はちょっと必要最低限の手順で入れなおしてみようと思います。

 

もっと!

シェアする
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Share on TumblrEmail this to someone