トップページ > 日記 > 牧場のパン屋さん「カウベル」でパンを食べたり牛に囲まれたり

牧場のパン屋さん「カウベル」でパンを食べたり牛に囲まれたり

cow

島根県に帰省してまずは奥さんのリクエスト、牧場のパン屋さん「カウベル」に行ってみました。

奥さんはうちの母親と一度来ているので2度めなのですが、自分は初めてです。

島根県出雲市佐田町という、出雲市とは言いつつかなり山の中にあるお店のため、雪が残る山道を恐る恐る車を走らせて、なんとか到着しました。

cowbell

外観はなかなかおしゃれです。いかにも牧場のパン屋という佇まい。

営業時間は定休日である月曜日・火曜日を除いた9:00~17:00だそうです。

パン屋だからと思ってあまり早く行っても開いてないんですね。

cowbell_in

 

そして、外は雪も残っていて寒かったのですが、中に入るととても暖かい!

それもそのはず、薪ストーブ完備です。

薪ストーブ、最高ですね。体の芯から暖まります。

そして、周りには牛グッズがいっぱい!

 

肝心のパンは、食パンにクロワッサン、カレーパンにクリームパンなど、基本のパンは揃っています。

cowbell_bread

そして、こんな牛の姿をしたパンまであります。可愛いです。

自分はネギ焼きパンとヨーグルトパン、奥さんはチョコパン?にカレーパン、息子はかぼちゃパンと小さなミルクパンみたいなパンを店内で頂きましたが、どれも美味しかったです。

米粉パンなのでモチモチ系のパンでした。

 

薪ストーブの優しい暖かさの中で美味しいパンを食べ、もうそれで満足・・・と言いたいところですが、ここに来たのはもうひとつ目的があります。

息子に牛を見せなければ!と言う目的が。

都会だと動物園はあっても、普通の牛の群れがいる風景・・・と言うのはなかなか無いんですよね。

絵本とかには結構出てくる動物なのに、見る機会が意外と少ない。

ここは伊藤牧場さんという酪農業を営まれている立派な牧場なので、パンを買う他に牛に触れ合うこともできるのです。

 

店員さんに牛は見れますか?と聞いてみると、すぐ上に牛舎があるのでご自由に御覧くださいとの事。

車で脇道を数十メートル走ると、ありました。

cowbell_farm

この古びた味のある目印が牛舎の入り口です。

ご自由に御覧くださいと言われましたが、確かに職員さんも誰もいらっしゃらないので自由に見せてもらうしかないようです。

cowbell_farm_in

中に入ると、いました!牛!牛!牛!

ちょうど食事の時間のようです。職員さんとは入れ違いだったんですね。

冬なのでみんな牛舎の中で過ごしているらしく、かなり圧巻の光景です。

息子は「こんにちは~」「ご飯食べてるの~?」とか牛達に声をかけててなかなか楽しそうです。

これは来てよかった。

 

パン屋さんと牧場を一度に楽しみたいという家族連れなどにはいいですね。

また来たいと思います。

シェアする
Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Share on Google+0Share on TumblrEmail this to someone

ひとこと